グーグーだって猫である あらすじ 最終回 - 2014 夏ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

グーグーだって猫である あらすじ 最終回

グーグーだって猫である あらすじ 最終回

宮沢りえ主演で大島弓子の自伝的コミックをドラマ化

「グーグーだって猫である」11月8日(土)は最終回の放送となります。

物語はどんな結末を迎えるのか・・・

グーグーだって猫である あらすじ 最終回をお届けいたします。

時がたち、麻子(宮沢りえ)は何匹もの猫と暮らし、
15歳になったグーグーは持病を抱えていた。

ある日、大森(長塚圭史)が訪れ、グーグーとの
日々をつづった「グーグーだって猫である」が
漫画文化賞に選出されたと報告する。

贈呈式の会場で、麻子はすっかり人気漫画家となった
ミナミ(黒木華)と久々に再会。

また、小学生のころ、千加子(菊地凛子)と
出会った日のことを思い出す。

以上が、グーグーだって猫である あらすじ 最終回の紹介でした。

「グーグーだって猫である」の放送は毎週土曜 22:00〜23:00 です。

どうぞ、お楽しみください。


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
QLOOKアクセス解析
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。