グーグーだって猫である あらすじ 3話 - 2014 夏ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

グーグーだって猫である あらすじ 3話

グーグーだって猫である あらすじ 3話

宮沢りえ主演で大島弓子の自伝的コミックをドラマ化

「グーグーだって猫である」11月1日(土)は3話目の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

グーグーだって猫である あらすじ 3話をお届けいたします。

麻子(宮沢りえ)に突然、中学時代の
同級生・莉奈(市川実和子)から手紙が届く。

中高一貫の女子校に通っていた麻子(中村ゆりか)は、
人と群れるのが苦手で、人けのない階段で1人、昼食をとっていた。

そして、その時間、いつも向かいの校舎の屋上にいる
莉奈(長尾寧音)をスケッチしたことから、2人は言葉を
交わすようになる。

ところがその後、忘れられない出来事が起きる。

以上が、グーグーだって猫である あらすじ 3話の紹介でした。

「グーグーだって猫である」の放送は毎週土曜 22:00〜23:00 です。

どうぞ、お楽しみください。


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
QLOOKアクセス解析
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。