グーグーだって猫である あらすじ 2話 - 2014 夏ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

グーグーだって猫である あらすじ 2話

グーグーだって猫である あらすじ 2話

宮沢りえ主演で大島弓子の自伝的コミックをドラマ化

「グーグーだって猫である」10月25日(土)は2話目の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

グーグーだって猫である あらすじ 2話をお届けいたします。

麻子(宮沢りえ)はアシスタントのミナミ(黒木華)の勧めで、
占い師のハーメルンこと三宅(岸井ゆきの)を訪ねる。

占いに従い、電車で見知らぬ町にたどり着いた麻子は、干潟で
バードウォッチングをしている秀夫(岩松了)・勝久(中岡創一)
親子と遭遇。

帰り際、猫の後を追うと、そこは秀夫親子が営む居酒屋だった。

一方、大森(長塚圭史)はなかなか帰らない麻子を心配して・・・。

以上が、グーグーだって猫である あらすじ 2話の紹介でした。

「グーグーだって猫である」の放送は毎週土曜 22:00〜23:00 です。

どうぞ、お楽しみください。


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
QLOOKアクセス解析
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。