獣医さん、事件ですよ あらすじ 最終回 - 2014 夏ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

獣医さん、事件ですよ あらすじ 最終回

獣医さん、事件ですよ あらすじ 最終回

7年ぶりに連ドラ主演の陣内孝則が現代の“寅さん”に!?

「獣医さん、事件ですよ」 9月18日(木)は最終回の放送となります。

物語はどんな結末を迎えるのか・・・

獣医さん、事件ですよ あらすじ 最終回をお届けいたします。

早朝、日菜子(吉本実憂)は犬のねぎまの散歩中に、
ある女性(浅野ゆう子)と出会う。

ねぎまが女性に懐いたので、日菜子は女性にねぎまが
自宅の動物病院の前に捨てられていたと話すと、
女性は日菜子をじっと見詰めた。

帰宅した日菜子から話を聞いた健太郎(陣内孝則)は
嫌な予感にとらわれる。翌日、女性が健太郎の前に現れる。

実はその女性は日菜子の母・菜々子で、15年前、
健太郎に日菜子を預けたままいなくなったのだ。

以上が、獣医さん、事件ですよ あらすじ 最終回の紹介でした。

獣医さん、事件ですよ の放送は毎週木曜 23:59〜24:54です。
どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
QLOOKアクセス解析
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。